2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ローバー憲章

1条 名称

 本隊は日本ボーイスカウト浜松第30団ローバー隊と称する。

2条 目的

 これまでのスカウト活動で身に付けたちかいとおきての精神にのっとり、奉仕活動、野外活動、文化活動、後輩支援活動、ディスカッションなどを通して社会貢献する方法を模索する。またボーイスカウト内外において多くの社会的交流を積極的に持つことにより、地域社会・国際社会においてリーダーとして貢献できる人材をめざす。ローバースカウトとしての活動を心から楽しむとともに、スカウト活動の何が楽しいのかを考え、スカウト活動の普及に意欲的に取り組む。

3条 役職

 (1)議長:隊のメンバーをまとめ、最終的な隊の意思決定をおこなう。

 (2)企画担当:次回の隊活動を企画・計画し実行、反省をおこなう。前回の活動において企画担当をした隊員がこれを選出することができる。また本来企画担当ではない一般隊員も希望者は本憲章第2条に反しない限り隊活動の企画をすることができるが、その際の企画者は次回企画担当を選出できない。

(3)一般隊員:議長と企画担当以外のローバー隊隊員。

以上(1)(3)項を構成員とする。

 (4)指導者:本ローバー隊隊長、副長。

 (5)補助者:プロジェクトごとの相談役・付添人、構成員により招かれた友人・知人・彼女・彼氏などの本隊見学者などがこれに該当する。

4条 構成員の条件

 構成員に該当する者は下記の条件を満たすものとする。

 118歳以上26歳未満であること

 2.ちかいを立てた経験を有すること

 3.本憲章を遵守できること

 4.隊の承認を得ていること

5.構成員はそれぞれスカウトとしての目的・目標を掲げること

5条 活動

1.         隊活動は企画担当が中心となり隊集会・隊会議などの活動をおこなう。

2.         対外的または自団への奉仕活動、ジャンボリー・キャンポリー・地区大会への参加などの隊主催でない個人レベルの活動においては、指導者を通して各隊員が責任を持ってこれをおこなう。

6条 任期

 1.議長に選出された者は、選出後最低1年間その役務を遂行する。その後は本人の希望

により議長職を続けることができるが、構成員の3分の2以上の承認を得られなければ後任を指名しその役職から退かなければならない。本人が希望しない場合においても後任を指名する。

 

 2.企画担当は隊活動ごとに選出される。

7条 会計

 各活動に参加したスカウトは、基本的にすべての費用を各自で負担する。

8条 憲章の改正

 ここに定めのない事柄の追加、または改正や削除を要する場合、改正案を構成員が作成し、会議にて本隊構成員3分の2以上の賛成をもって決定とする。決定事項は指導者を経て団に対して速やかに報告をおこなう。

9条 憲章の発効

 本憲章は隊・団の承認を得た時点で施行される。

 発効日:平成2471

無料ブログはココログ