2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

2017年2月 5日 (日)

田原アルプス縦走

久しぶりの投稿です。

平成29年2月4日よし@ローは田原アルプスを縦走した。
標高200~300メートルだからアルプスと呼ぶには役不足かもしれないが
冬にハイキングすると素晴らしい眺望が望める。
8時半に滝頭公園管理事務所前に駐車して歩き始める。
いつものお決まりのコースだ。
衣笠山に登り、仁崎峠を経て滝頭山を登り、三俣から藤尾山へ
三俣に戻り、不動山へ向かう
一旦、不動滝に降りてから、恐竜の背を登り、再び滝頭山へ
あとは、公園へ下山する

衣笠山からは、三河湾、遠州灘、豊橋港付近、蔵王山など素晴らしい眺望が望める。
また、遠くは御嶽山、南アルプス、富士山も見える。

Sp2040933
Sp2040939Sp2040934







この日は北風が吹いていたが、おかげで雲を吹き飛ばしてくれたようだ。
冬ならではの絶景だ。
気温は2-3℃で歩いていても指先が凍えそうに冷たい。
指先が温まったのは仁崎峠あたりだろうか。

Sp2040954 西の覗きからは渥美半島先端の山々を見ることができる。
七ツ山、雨乞山、椛峠(なぐさとうげ)、大山が見える。
低山は夏に登ると熱中症の危険があるが、
この時期は気持ちが良い。
さらに、素晴らしい眺望が待っている。



午後に用事があったので、ほとんど休憩も取らず、公園には11時40分に戻った。
170204
GPSデータ

 距離 8.8km
 万歩計 13000歩
 時間 3時間10分(小休止を含む)


 

2016年5月31日 (火)

東三河の最高峰、本宮山

5月28日よし@ローは、久しぶりにホワイトさんと本宮山に登った。

本宮山は、標高789mで、東三河で最も高く、人気も高い
また、砥鹿神社の奥宮がある信仰の山でもある

この日の天気は、うす曇。年齢を重ねた二人は涼しいうちに登ろうと
スタート地点のウォーキングセンターに朝7時前に集合した。
ところが、駐車場は先客でほぼ満車であった

Hon1 Hon2 Hon3








7時には歩き始めたが、木々が茂り、緑がきれいだ
途中には馬背岩あり、胸突き八丁の急登ありと変化に富んでいる
また、走って登る者、走って下る者など大勢が登り下りしている

Hon4 Hon5 Hon6








お清水舎の冷たい水で手を洗い、口をゆすぐと、冷たく気持ちよい
砥鹿神社奥宮は立派で、本宮とも書いてあり、お札も売っている
奥宮からさらに北に進むと本宮山山頂である
随分と汗をかきかき登ったが、曇りで風が気持ちよい

晴れれば、山頂からの眺望も期待できるらしい

山頂には電波塔が建ち、付近を2車線の車道が通り抜ける

Hon8 Hon9Hon91








国見岩・岩戸神社に寄り、再び奥宮の休憩所に来ると「番付」を見つけた
26分余りで登り切る兵(つわもの)や、24時間で12回も往復する兵もいる
奥宮をあとに乙女前神社を経て牛の滝を目指して下山
道に迷うことはなかったが、途中、草で道が覆われ分かりづらいところがあった
13時ウォーキングセンターに無事到着

160528gpsGPSデータ:
 赤はガーミンeTrex20xjのトラックデータ
 距離 15.3km

 ちょうど6時間(休憩を含む) 
 青は富士通Arrows M02のGPSをonにして
 アプリ「山旅ロガー」を常時起動して得たデータ
 
 スマホはちょっとギザギザが目立つが大体同じだ
 バッテリ消費は、6時間使用で100%→32%とかなり消耗
 ちょっと現在地を調べるにはとても便利である

本宮山はルートはしっかりしており、変化があって面白い
また、来たくなる山だ
頂上付近に道路と電波塔がなければ、もっと良いだろう

 
 

«石巻山

無料ブログはココログ